コスト削減 目に見える化プロジェクト

うぐいす園です。

定員枠があり収入源が限られてしまう福祉施設おいて、
コスト削減というのは、永遠に切り離せない課題であります049.gif
離職率が低くなれば、その分人件費率も向上しますし、
それでなくても電気代やら、重油代やらとかく支出は増える一方です057.gif

まあ、だからといって事務レベルで
『コスト削減に励みましょう!!』
と、いくら叫んだところで、現場の職員さんにとっては、
どこに、どん位のお金が流れているのかなんて、
知る機会も少ないでしょうし、
必要な物品がなぜすぐに買ってもらえないかという理由だって、
知らなければ不満ばかりが蓄積し、「事務所は現場が分かってない!!」
なんてやりとりが、これまでの経験で得た「福祉施設あるある」です008.gif
見方を変えれば・・・
コスト削減なんて、施設が一体とならなきゃできるわけがないんですよね034.gif


ということで、昨年末から取り組んでいる、うぐいす園における
“コスト削減目に見える化プロジェクト”
をご紹介いたします。


要は、現場のちょっとした意識でできるコスト削減を
目に見える形で張り出していくという取り組みです。
ここまでだったら、すでに取り組んでいる施設さんもあるかと思いますが、
(実際自分自身も以前の施設で「電気料金」の推移を見える化してましたし)
うぐいす園の取り組みは、それをちょっと進化させてみました049.gif

自分たちの頑張りを形として残していく
という取り組みです。

昨年度比でコスト削減できた分を物品購入に充てるというものです。
どれだけ頑張っても、その結果が見えるのが年に1回の決算書。
どこでどれだけ、現場が頑張ったなんてそのトータル的な数字からは、
見えてきませんし、なかなか理事・評議員の皆さんには伝わりません(-_-;)
見えてこないんであれば、「何の為に頑張ってるのか?」と、
頭では分かっていても、なかなか行動に移せるものではありませんね。


しかし、自分たちの頑張りがタイムリーに毎月形として残されていったら、
職員のモチベーションってどのうようになるか想像できますか?
もちろん、施設における主役は入所者の方々であって、
その生活環境の向上が第一と考えると、職員にもたらされるものって、
そこから派生する副産物ではあるのですが…

■頑張りが“形”に直結しているので、取組意識が違う
■職員にとっての業務効率がupする
■事務所を含めた施設全体がチームとして機能する
■経営においてももちろん影響あり
■他・・・
ごくごく一部としてでも、これだけの効果が期待できると考えます(^-^)


取組としては、実は前年度費でマイナスになってしまう月があったり、
絶対的に「成功事例」として紹介できるような取組ではないのですが、
間違いなく頑張ってくれている職員さんがいて、
うぐいす園ではそれが着々と形として積み重なっております058.gif
もちろん、現場レベルでそんなにコストを意識せずに、
支援に集中できればそれにこしたことはありませんが、
今のこのちょっとした努力の積み重ねが、
更に大きな花を咲かせてくれるという日を信じて、
この取組を続けていきたいと思います(^◇^)




職員が必ず通る職員玄関に貼り出しててあります
e0164724_1181592.jpg



電気代・オムツ代・清拭代で毎月いくらかかっているか、
昨年度と比べてどれ位コスト削減できたかをグラフで表示します
e0164724_1182831.jpg



昨年度比でコスト削減に成功した月は、
大体30,000円以内を目安にし、物品購入に繋げています
e0164724_1183710.jpg






全国の介護事業所ブログ情報は、こちら!

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護施設へ
にほんブログ村


[PR]

by uguisukai | 2014-04-29 11:56 | ○老健うぐいす園
line

「共に生きる」


by uguisukai
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28